忍者ブログ
無名のエレジー
「戦国時代」という世界観を愛する、腐った大学4年生の日記帳
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第三次エレカシフィーバーが、体を駆け巡っております。
iTunesのデータが吹っ飛んだ時に消えてしまった分の復旧が、まだ完全ではないのですが。
教訓:バックアップはしっかりと。
この際CD全部集めるか。


ともあれ。
「風に吹かれて」「昔の侍」「今宵の月のように」が入っている「明日に向かって走れ-月夜の歌-」は言うまでもなく、「俺の道」からの曲が殊に心に染み入る。

「漢」と書いて「おとこ」と読む音楽とはこれのことですね。
わかります、と言いたいけれど。
自分のこの穴のあいた小さき器では、収めることは困難を極める。

いい意味でますますカラオケで歌えない曲になっちゃって。
「人生の午後に」なんて20代の奴が歌える訳無いっすよ。

とりあえず今は
"この世に何があるのやら 見果てぬ夢を追い求め"ろ
ってとこか。
これは「見果てぬ夢」の歌詞だけど、他にもさらりと難しいことをおっしゃる。

"これも浮き世と生きるなら 生きていくのなら 笑顔たやさず行くもいい"
"人の思いは十人十色 やさしき言葉かけるもいい"

やさしき言葉、ね。
自分の意見をしっかり伝えつつ誰も責めない言葉を持っていたら。
笑顔を絶やさないでいることができるのなら。
それだけで、もう立派な人間だと思う。
そんな能力を手に入れたいとあがくうちに、孔子の教えだの葉隠だの、理解を超えた本が部屋に溜まっていくんですね。
わかります。

"気迫の無き時間帯、でも信じることはやめるな"
うん、そうしとく。



PR
試してみました。


実家
田舎過ぎたのか無かった

中学・高校
上に同じ
それどころか航空写真でズームすることすら出来なかった

前住んでた家
うまく寄れずに試行錯誤していたら、自分の家なのにのぞきしてる気分になった

大学
入り口で入校手続きしてる教授らしき人が居た

今住んでる家
至近距離でばっちりと
しかしなぜか脇の方にぼかしが入っている


ゴミ出ししてる人からちょっと離れて空を見ると西日が射してたり、レンズフレアがあったり。
散歩のつもりでいるとなんか変な感じ。
陽の射し方や位置、街路樹の様子から撮影時期と時間を推定すると面白いな。

↓空が3色w
2a3802eb.jpg
マヨ皇子以来の副長祭ということで、午後6時にセットしてあるアラームが鳴る前にテレビを点けてチャンネルを12に合わせる。
煙を求める副長と同じ気分に浸る為、タバコのストックは切れたまま。
「銀魂、このあとすぐ!」
っていうのがキンタマって聞こえたのは、私だけでいい。

アニメの方が原作に追いついてきているのが心配ではあるけれども、おかげで来週天下一武道会みたいな展開が見られるのは嬉しいことです。
…と思ったら、終わりの頃にちょっとやったのは次回予告じゃなかったのね。
本当に次回やるのは海老蔵が流れてくるやつとオリジナルだそうな。
(ソースはWikipedia)


ともあれ終わってすぐにコンビニへ。
DMCの新刊をレジに出しながら店員の後ろの棚を見ると、いつもの場所にいつものが見つからない。
一瞬焦った上に
「キャスターで!」
って言いそうになったけど、パッケージデザインが変わっただけでした。

あんまりにももえもえしたので画像拾ってきてPC壁紙製作中。
一気に開いたら、なんかウイルスみたいになった。

4b887f32.jpg

こんなウイルスだったらかかってもいい。
デスクトップを整理した方がいいということには気付いています。
けど、うっかり要るものまで捨ててしまいそうで怖いんだ。
とりあえず読み込みまでは終わったので、配置は明日考えよう。


それにしてもDMCって、デトロイト・メタル・シティなのかデビル・メイ・クライなのか紛らわしくていかんね。
間に挟まってたチラシでは、根岸がオトメンを絶賛していました。
そういや花ゆめコミックスも同じ出版社だったっけ。

でもコレ逆は無いだろなー。
クラウザーの素顔も知らずに
「こ、これが漢らしい音楽か…」
って手を出してみるってのはアリか。
作中に出てきたら面白いな。

銀魂もDMCもオトメンも関係ないけど、漫画のことを考えていたら、ふとハッピー三国志を読んでみたいと思った。

父からこんなメールが届いたのは先週のこと。
頭の中を数々の妄想が駆け抜けていった。

パターンA
父「父さん、なんだ…」
母「こないだ人間ドック行ったらね、余命3ヶ月だって…」
私「そ、そんな!?」

そして数年後。
とある結婚式披露宴会場にて。
私「お母さん、そして天国のお父さん、ありがとう…」


パターンB
父「父さんたち、離婚することになったんだ…」
母「ごめんね…」

そして数日後。
この歳で苗字が変わり、いろいろと誤解される私の姿が。


最近熟年離婚多いらしいけど、どっちかっていうと現実的なのはAだよな…。
あと5年くらいで日本人男性の平均寿命だしな。
でも、

どっちもやめてくれ!

そんなもやもやを抱えつつ、映画を観たその足で高速バスに乗ったのは木曜日。
現実はこうでした。

父「今年こそ、卒業できるんだろうな…?」
母「卒業制作は?」
婆「就職は?」

なんだ。
心配して損した。
全部こっちの問題じゃないか。

しかも事態はこれだけじゃなかった。
母の発言を意訳するとこんな感じ。

お前の部屋は片付けさせてもらった
ダンボールに要らなさそうな物をまとめたから、明日までに仕分けするように
それまでお前はウジ虫だ


サーイエッサー。
作業に取りかかるとまぁ、出てくる出てくる。
リアル中2時代に書いた詩やら小説やら絵が…。
あの頃の自分に問いたい。

何だ、このXの歌詞を劣化させたような言葉の羅列は?
何だ、このやたらスペックの高い主人公は?
何故、この少年には羽根が生えているんだ?
何故、こんなにも創作意欲旺盛だったんだ?

もう、やめてくれ…。
いっそここで殺してくれ。
私を撃って!
ヒットミー!!

悪いことに、まだまだ事態はこれだけじゃなかった。
それは夜。
基地はG部隊の襲撃を受けた。
洗面所に現れたそいつはまだ小さいが、既に立派な狙撃兵だった。
しかしこちらとて、ウジ虫を卒業した立派な海兵。
ティッシュでそいつを掃除して、安息を得る為自室に戻る。

だが、戦いはまだ終わっていなかった。
硬い装備に覆われた、大きく限り無く黒に近い体は、まさしく親玉のそれだった。
さっきのあいつは、ただの鉄砲玉に過ぎなかったのだ。
戦わずして安息は訪れない。
このまま放ってはおけない。

我生来必殺也

対G部隊戦で最も有効な武器といえば、打撃系。
生憎それは持ち合わせていない。
ここにあるのは、毒ガス入り完全被甲弾だ。

そうだ、お前が一番美しいよ、ゴキジェティーナ。
"…Full……Metal…Jacket……"
OP差し換えをやろうとしたけど、難しいな。
間奏やCメロを切るのが惜し過ぎる。
収拾つかなくなってお蔵入りにしたけれど、約1分という尺の短さゆえテスト用動画として再利用。

69cb137e.jpg

2b8b8f14.jpg

のだけれど、なかなかうまくいきませんなぁ…。
まぁ一応できたんだけど、画質まで劣化してしまって、これじゃあやった意味が無い。
エンコードの段階じゃなくて編集の段階でクロップすればいいのかな?
今構想中のMADは5分超だから、可能な限り無駄は削りたいところ。
とりあえず今日はもう寝よう。

忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
ブログ内検索
名乗り
HN:
ムミョウ
HP:
性別:
女性
職業:
大学生
自己紹介:
侍って、最強の萌えキャラだと思う

らくがきの中身は、今のところ無双と大神とKAITOとマキバオーです

漫画雑誌発売日チェッカー
犬小屋
オス
名前は藤次郎
構ってやってくださいな
お友達募集中
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
新着コメント
[03/06 ムミョウ]
[02/25 しくじり鏡三郎]
[02/25 BlogPetの藤次郎]
[12/27 BlogPetの藤次郎]
[10/23 BlogPetの藤次郎]
携帯用バーコード
メールフォーム
御用の際はお気軽に
アクセス解析